「大坂なおみ」選手が全仏オープンの二回戦を棄権

役に立ったらシェアをお願いします

Image

「大坂なおみ」選手が全仏オープンの二回戦を棄権したわけだけど、、、


Image

先日の会見拒否から、ここ数日ずっと話題になっていますね。


Image

うーん、結局、数年前から、「うつ」の症状があって、心の安定を保つのが難しいから、会見拒否をし、その結果、棄権という選択をした、、、という捉え方でいいのだろうか??


Image

「うつ」って、人によって症状が違うようですし、彼女がどういった状態だったのかは判りませんが、、、
それでも、今大会で彼女の活躍が見れなくなるのは寂しいですね。


Image

まぁなぁ、、、現在、世界ランク2位だしね。
苦手のクレーコートでの試合とはいえ、頑張ってくれることに期待してたんだが、、、
良い成績を残せば、オリンピックへの弾みにもなるし。


Image

棄権の時のコメントでは、「少しの間、コートを離れる」ようなメッセージがあったようですが、オリンピックには出場するのでしょうか??


Image

多分、出るんじゃないかな。
日本企業のスポンサー契約の時に、怪我でもない限り、オリンピックへの出場が条件になっているような気もするし、、、
スポンサー企業にとっては、日本人に一番見てもらえる試合になるだろうしさ。


Image

でも、今回の件は、大きな騒動になっていますし、心の病気でしたら、なかなか平常に戻すのは難しいそうに思えます。


Image

4大大会の主催者側から、失格や、今後の大会への出場停止などの示唆があったからね。心穏やかというわけにはいかず、棄権という決断を下したんじゃないかと思ってる。


Image

そう考えると、「失格扱いになる前に棄権した」とも捉えることもできそうですが、、、


Image

そんな風に思う人も少なからずいるよね。
だったら、最初から「うつ」の件を公表しておいて、運営側の協力を仰げばよかったのに、、、と思うんだけど、そうもいかなかったんだろうな。


Image

でも、怪我でもないのに、「棄権」って残念ですね。
プレイしたくても出場できない選手がたくさんいるので、出場選手には頑張ってもらいたいのですが。


Image

今回の件は、「うつ」という心の病よりも、騒動が大きくなりすぎたことにより、心の平静を失ってしまって棄権せざるをえなくなった感じがするなぁ、、、


Image

心の問題は、他人には解りませんね。スポーツのトッププレイヤーには、周りの期待などで、想像もできない大きな重圧がかかったりするでしょうし。


Image

それを、上手く消化できる人が、長くトッププレーヤーで活躍する人たちなんだろうね。
彼女もまだ23歳なので、「うつ」に打ち勝って、また活躍してもらいたい。

でも、、、


Image

でも??


Image

去年、アメリカで行われた「ウエスタン・アンド・サザン・オープン」で黒人男性が銃撃された件で、試合をボイコットしたことがあったよね。


Image

そういえば、ありましたね。


Image

あれはどうかなぁ、、、と思うんだよなぁ。
お互いの技量を試し合う場で、人種差別への抗議を持ち込むと言うのもね、、、


Image

自身が注目される存在だから、そう言う場で訴えたいという気持ちがあるのかもしれません。
現に、著名人が訴えれば、影響はそれだけ大きいですし。


Image

気持ちは解るんだけど、運営やスポンサーに非がない大会で、そういう問題を持ち込むのはおかしいんじゃないかと、、、


Image

その時の大会は、日程の延期という形で、ボイコットも撤回したんでしたね。


Image

あの時期は、テニスだけではなく、さまざまな競技でボイコットが起こったわけだけど、そういう表現の場をスポーツの舞台に持ち込むのもなんだかなぁ、、、


Image

純粋にスポーツを楽しめなくなっちゃいますね。


Image

今回の問題は、大きな事件への抗議というわけではなく、個人のメンタル面の抗議だったので、彼女個人への風当たりが強くなっちゃったんだろうね。


Image

ともかく、心の治療に専念して、再起してほしいですね。


スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

フォローする