広まる無観客

役に立ったらシェアをお願いします

Image

緊急事態宣言中に開催される「東京オリンピック」ですが、首都圏以外の会場でも、無観客にする決定がなされているようです。


Image

当初は、北海道、宮城県、福島県、茨城県、静岡県の会場では「収容定員50%以内で1万人」で観客を入れて開催をする予定でしたが、「北海道」、「福島県」では、無観客で開催する方針に切り替えたようです。


Image

「北海道」も「福島県」も、観客を入れると、首都圏からの人流を制限できなくなるから、、、という理由ですが。

でも、つい先日、スーパーコンピューター「富岳」を使って、観客のシミュレーションが行われていませんでしたか??


Image

はい。

それによると、国立競技場に観客1万人を入れた場合の新型コロナウイルスの感染リスクを解析した結果、間隔を空けて座るなど感染対策を行えば、リスクは「ゼロに近い」と評価した。とのことです。


Image

数日前に、この評価が出ていながら、無観客と決定されたのはどうしてでしょう??

主催者、関係者は、できれば観客有りにしたかったでしょうに。


Image

「国立競技場」の中での感染リスクはゼロに近いでしょうが、その1万人の移動などを考えると、とても大丈夫とは言えません。

例えば、1000人規模のイベントやコンサートでも、入場ゲート周りは大混雑になりますからね。それが1万人になると、、、

人を集めようとすると、どうしても密になる状況が出てくる可能性は捨てられません。


Image

スーパーコンピューターと称される「富岳」も、割と大したことがないのですね。


Image

それは、「国立競技場」の中でのシミュレーションしか行っていなからだと思います。

実は、その他のシミュレーションも行なっていて、それが、大きな感染リスクを提示されたので、そちらは公表していないというようなことも考えらますが、、、


Image

残りの「宮城県」、「茨城県」、「静岡県」は、どうするのでしょうか??


Image

開催される競技次第でしょう。

「宮城県」と「茨城県」は、共にサッカー競技だけです。「静岡県」は自転車競技の会場となっています。


Image

サッカーについては、人数制限下の「Jリーグ」での実施実績がありますから、それに合わせれば開催は難しくなさそうです。

自転車競技については、ちょっと不明です。


Image

会場の中を走る「トラック競技」は、サッカーと同じような感じで開催するのは可能だと思います。

問題は「ロードレース」の方だと思います。


Image

マラソンのように、公道を走る競技ですね。


Image

「ロードレース」の会場については、静岡県の「富士スピードウェイ」となっていますが、それはゴール会場なんです。

実は、東京都の「武蔵野の森公園」がスタート会場で、神奈川県、山梨県を経由して、静岡県の「富士スピードウェイ」にゴールするという男子が「約234km」、女子が「約137km」を走る長距離競技になっています。


Image

えっ!!

そんな長距離の公道の人数制限ってできませんよ。


Image

一応、観戦自粛を呼びかけるそうです。


Image

観戦自粛だけで大丈夫でしょうか、、、

マラソンもそうですが、公道が会場になっている以上、完全な無観客は無理です。


Image

そうですよね。

他の地域の人が来なくても、近くに住む人たちが「ちょっと先の道路がオリンピックのコースだから、見に行こう」と思うだけで、結構な人が集まることになりますから。


Image

今年の正月の「箱根駅伝」では、観戦自粛を要請していましたが、実際には結構な人が沿道に出ていました。

オリンピックは、その「箱根駅伝」よりも規模の大きい大会なので、不安になりますね。


Image

「無観客開催」と言っても、どうしようもない競技はあるということですね。


関連データ

・1都3県は無観客 異例の大会に… 東京オリンピック: FNNプライムオンライン
・1万人マスクで感染1人未満 五輪観客「富岳」シミュレーション: FNNプライムオンライン

<プレイバック 2021年7月10日>

お昼のニュース:ANNnewsCH
昼のニュース:FNNプライムオンライン

スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

フォローする