静岡県熱海市の土砂崩れの原因は「パイピング現象」??

役に立ったらシェアをお願いします

Image

先日、静岡県熱海市で発生した大規模な土砂崩れですが、本日、静岡県の「難波喬司」副知事が、盛り土が原因で「パイピング現象」が起こった可能性を示唆しました。


Image

「パイピング現象」??


Image

土の中にある水が起こす地盤の破壊現象だそうです。

今回の場合は、水の集まりやすい場所に盛り土が行われており、その盛り土を一気に水が流してしまったことが原因ではないかとの見解が示されています。


Image

「盛り土」などの土地開発については、市や県などの許可が必要じゃないのかな??


Image

なんでも、届け出と異なる工事が行われたそうです。

それに対して、県や市は、是正指導を何度も行なったそうです。


Image

結局、是正されなかったから、今回の土砂崩れが起こったんだよね??


Image

そのようですね。

届け出の高さは、15メートルだったようですが、実際に今回の被害を受け調査したところ、盛り土の高さは50メートル以上になっており、さらに排水設備は設置されてなかった可能性が出てきたそうです。


Image

なんか、滅茶苦茶だね。これは地元の方々が怒るのも解るよ。


Image

数日前には、崩壊土の「ほとんどが盛り土」ということが発表されていました。

そうなると、「原因=盛り土」で、ほぼ決まりでしょう。


Image

そうなると、責任問題ってどうなるんだろうね、、、

盛り土を行った会社が悪いのか、それとも、厳格に是正指導を行わなかった行政が悪いのか、、、


Image

その点に関してですが、1週間前の「7月6日」に、静岡県は、「不適正な点はなく、危険な状態だったとの認識もない」と説明していたんです。


Image

責任は、県には無い、と言いたいのがミエミエだね。


Image

今後の調査で、「盛り土」の工事内容や、県や市の対応についての詳細が判ってくるとは思いますが、行政の責任については、どこまで追及されるかは不明です。


Image

静岡県だけでなく、他の都道府県でも、届け出とは異なる開発が行われている地域があるかもしれないね。

もしかしたら、他に危険な場所がいくつかあるのかも。


Image

その可能性は十分ありますね。

今回の土砂崩れの被害を受けて、過去の開発についてチェックを行う自治体も出てきているのではないでしょうか。


関連データ

・難波副知事 盛り土問題の原因「パイピング現象」の可能性を示唆: ANNnewsCH
・熱海土石流 静岡・難波副知事会見(7月8日): 日テレNEWS


<プレイバック 2021年7月13日>

朝のニュース:ANNnewsCH
朝のニュース:FNNプライムオンライン
お昼のニュース:ANNnewsCH
お昼のニュース:TBS
昼のニュース:FNNプライムオンライン
夜のニュース:ANNnewsCH
夜のニュース:FNNプライムオンライン
きょうのニュース:TBS

スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

フォローする