いつの間にかインドの「カルカッタ」は「コルカタ」に名称変更してた

役に立ったらシェアをお願いします

Image

先日、テレビでインドの地図が映し出された時に「コルカタ」という地名が気になってさ。

調べてみたら、昔の「カルカッタ」が「コルカタ」に名称変更したらしい。


Image

インド?? 私は全く興味がないのですが、、、


Image

いや、ウチも無いけどさ、「カルカッタ」という都市があることは知っていたんだけど、それが「コルカタ」に変わっていたということを知らなかったわけで、、、、


Image

ちょっと調べてみると、首都の「デリー」、ボリウッド映画で有名な「ムンバイ」、それに次ぐインド第3の都市のようですね。


Image

イギリスの統治時代から「Calcutta:カルカッタ」という名称が続いていたけど、2001年にベンガル語表記の「কলকাতা:Kolkata:コルカタ」に地名変更したみたい。


Image

それで、その「コルカタ」って、何が有名なんですか??


Image

申し訳ないけど、「マザー・テレサ」の活動拠点だった、ということぐらいしか、知らない。

勉強不足です。


Image

結局、主任もあまり興味がないのですね。


Image

テレビを見てて、地名が変わったというのを知って、ちょっと気になっただけだよ。


Image

地名変更といえば、数年前に「グルジア」が「ジョージア」になっていましたね。あれと同じようなものでしょう。


Image

それは、ちょっと違うと思う。

ジョージアについては、「Georgia」の表記は変わっていないからね。
かつてロシア帝国時代は、ロシア語読みに由来する「グルージャ」と呼ばれていたことから、日本では「グルジア」になったらしい。

ところが、2000年以降、ロシアとの関係があまり良くなくなり、ジョージア政府も「Georgia」英語読みの「ジョージア」を使用するように他国にも要請するようになったとか。


Image

それを受けて変更したんですね。


Image

ロシア語読みに由来する「グルジア」の表記については、旧ソ連の国々と、中国、韓国、日本ぐらいしか使っていなかったようだ。

その他の大多数の国々では以前から「ジョージア」と呼んでいたので、それに合わせた形だね。


Image

外務省のサイトをちょっと確認したところ、以下の表記がありました。


「ジョージア」の国名呼称は,平成27年4月22日以降「グルジア」から「ジョージア」へ変更しています。但し,同変更以前に掲載された情報については,掲載時の呼称である「グルジア」を使用しています。


Image

ちょっと話は逸れたけど、読みだけが変わるよりも、

Calcutta:カルカッタ → Kolkata:コルカタ

と表記まで変わる方が大変そうだ。

でも、変更が2001年の出来事なので、すでに定着してしまってるんだろうけど。


Image

インドに興味の無い方には無縁のことですね。知らなくてもよさそうですし。


Image

まぁ、日本も「平成の大合併」で市町村の合併、名称変更が相次いだからね。似たようなものだろう。


Image

日本の市町村と比べると、ちょっと都市の規模が違いすぎますよ。

日本で比べるなら「福岡」が「筑前」に変更されるぐらいの規模だと思いますけど。


Image

案外、古い世界地図を今見ると、面白いかもね。

ソ連が存在した時代の「ジョージア」を含めた東ヨーロッパ地域の地図表記ってどうなっていたんだろう??

ちょっと気になるよ。


スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

フォローする